乙訓医療生活協同組合

装飾ライン

乙訓医療生活協同組合 ホーム > 乙訓医療生協とは

介護アイコン乙訓医療生協とは

医療生協とは、地域の人々がそれぞれの健康や医療、くらしにかかわる問題を持ち寄り、組織をつくり、医療機関を持ち、運営し、それらを通じて、医療専門家との協同によって、問題解決のために運動する生協法に基づく、住民の自主組織です。

定款

定款

乙訓医療生協定款PDF

法人概要・沿革

法人概要

生協法人乙訓医療生活協同組合
所在地〒617-0002 京都府向日市寺戸町殿長37
電話 075-921-0661(代表)
FAX075-934-1628
代表理事津田 光夫
小野 留美子
出資金2億3111万1千円(2016年11月現在)
組合員6,427人(2016年11月現在)
従業員数79人(2016年10月)
設立1985年4月10日
事業内容 ・外来診療
・訪問診療
・訪問看護
・居宅介護支援
・訪問介護ステーション(ヘルパー)
・通所リハビリテーション
・訪問リハビリテーション

沿革

1960.8蔡東隆医師、西京都医誠会医院開業
1982.7第1回発起人会(発起人52名、第6回まで開催)
1984.9乙訓医療生協設立総会開催
1984.12京都府、設立を認可
1988.53周年記念のつどい「乙訓健康まつり」開催。3周年記念誌発行
1988.10『乙訓医療生協ニュース』を改題し『青い空』発行
1994.5「健康センター」建設着工。乙訓医療生協創立10周年と健康センター建設を祝う「よろこびの祭典」開催
1994.10健康センター開所(現診療所)
1996.5第13回通常総代会で民医連加入承認
1998.6医誠会診療所所長交代(蔡東隆医師から津田光夫医師へ)
1999.9第17回臨時総代会で居宅介護支援事業及び居宅サービス事業のため定款を改正
2000.4介護保険事業開始
2000.5蔡東隆医師逝去。第18回通常総代会で幸陶一理事長選出
2000.1115周年記念誌「ひと まち きょうどう」発刊
2003.5組合員5000人達成。「向日市に巡回バスを実現する会」に加盟
2005.5診療所利用のための送迎サービス開始。20周年記念健康まつり開催
2005.12「ひろげようひとまちきょうどう―20週年記念のつどい」開催
2011.3診療所改修工事完了 お披露目会開催
2014.5京都民医連「地域包括ケア」学習会
2014.1230周年記念介護シンポジウム開催

加入に関して

加入するには?

医療生協の加入書をご記入の上、1口2000円以上の出資金を添えて、
診療所の窓口や職員にお渡しください。

乙訓医療生協の場合、
向日市・長岡京市・大山崎町・京都市西京区・伏見区・南区(定款地域)。
この定款地域にお住まいか、またはお勤めの方であればどなたでも加入いただけます。

※加入書はリーフレットなどに付いています。お手元に無い場合はご連絡ください。

乙訓医療生協の組合員になると?

病気のときや介護が必要なときに事業を利用するだけでなく、
健康診断や予防接種などの事業も利用できます。
日常的に取り組んでいる班やサークルでの健康づくりの取り組みや支部の行事、
診療所の健康まつりなどにどんどんご参加ください。

  • ・予防接種の割引

  • ・健康診断に関しての内容

民医連とは

個人情報保護規則

乙訓医療生活協同組合 個人情報保護方針

乙訓医療生協 個人情報保護方針