乙訓医療生活協同組合

装飾ライン

診療科目

内科

高齢社会の進行に伴って医療も大きく様相が変わってきました。入院医療でも外来医療でも、あるいは在宅医療でも認知機能障害があるか否かや、介護力がどこまだあるかなど体制の問題にも関って、サービスが変化してきました。
 地域の真っただ中でサービス提供を行っている医誠会診療所も組合員の大きな声に押されながら、介護や福祉分野へ大きくウイングを広げてスタッフも増えてきました。
 疾患でいえば医師体制がかなう限り、なるべく専門性の幅を広げ、多くの患者の要望へ応えられるように努めてきました。さらに、地域を向日市にこだわることなく広げるための努力も十分ではありませんが進めてきました。
 「新専門医制度」を口実に進められる低医療費政策のもとで、自立した経営を維持・発展させることは大変な努力が要求されます。

内科医の紹介

津田 光夫 つだ みつお

医誠会診療所所長/内科一般

卒業 1974年 信州大学医学部
所属学会等日本臨床内科医会
京都府糖尿病協会顧問

大山 成里花 おおやま せりか

医誠会診療所・非常勤/内科

卒業 2006年 韓国 国立慶尚大学校
所属学会等 日本医師会認定産業医

整形外科

整形外科医の紹介

小林 正典 こばやし まさのり

整形外科

卒業 1991年 大阪医科大学医学部
1999年 京都大学大学院
所属学会等整形外科学会専門医
整形外科学会認定リウマチ医
整形外科学会認定運動器リハビリ医
抗菌化学療法認定医
リウマチ学会専門医
医師会認定産業医

糖尿外来

糖尿病をわずらう患者は全国的にも日々増え続け、動脈硬化の進展を始め大小の血管障害(心筋梗塞や脳卒中、足の血管の壊疽などから腎障害や失明など)、また聴力障害その合併症も全身に亘って問題となっています。最近では認知症との関係やあらゆるがん病変との関係も指摘されています。ですから診療も全身診療ということに広がっています。糖尿病が見つかっただけでも大きな不安と憂いを御家族にもたらしますが、合併症を早期に発見し、発病を予期できれば立派な医療の成果・進歩になります。糖尿病の専門家の医師たちとの連携にも手を伸ばしつつこれまでの外来をさらに発展させてゆきます。

糖尿外来担当医の紹介

津田 光夫 つだ みつお

医誠会診療所所長/内科一般

卒業 1974年 信州大学医学部
所属学会等日本臨床内科医会
京都府糖尿病協会顧問

禁煙外来

毎水曜日午後(要予約)に禁煙に挑戦したいと考えておられる患者様の治療のお手伝いをさせていただいています。治療期間は約3ケ月、5回の通院が必要です

医誠会診療所の禁煙外来について

  • ・3ケ月の治療で3割負担の方は約2万円、1割負担の方は約7千円です。
  • ・心臓や肺の機能は禁煙を始めて2週間~3ケ月で回復がみられます。
  • ・咳や息切れも1~3ケ月が回復がみられます。

禁煙外来担当医の紹介

村上 雅朗 むらかみ まさお

医誠会診療所・非常勤/内科

卒業 1991年 大阪医科大学医学部
所属学会日本内科学会
日本リウマチ学会
日本アレルギー学会